ケニス株式会社
トップイメージ
教材   実践例    
  •  説明文の作成
      作成した説明文のとおりにTrue Trueを動かす。
  •  道案内
      英語表記のカードを活用し、英語の説明どおりにTrue Trueを動かす。
  •  迷路の作成
      迷路を作成し、True Trueで迷路を解く。
  •  
  •  電気の利用
      身の回りの省エネデバイス(自動点灯ライト等)をmBotを使って再現する。
  •  自動運転車
      mBotのセンサを使って、自動ブレーキや自動運転車を再現し、仕組みを考える。
  •  災害救助ロボット
      災害現場を想定し、ロボットがどのように活用できるか考え、mBotで再現する。
  •  電気の利用
      身の回りの省エネデバイス(自動点灯ライト等)をCodey Rockyを使って再現する。
  •  自動運転車
      Codey Rockyのセンサを使って、自動ブレーキや自動運転車を再現し、仕組みを考える。
  •  多角形の性質
      Codey Rockyの角度センサを使って「○度で○回曲がる」というプログラムを作成する。
  •  日本の音階
      日本の音階を使って旋律を作り、Codey Rockyと共演して発表する。

  • Copyright © KENIS, Ltd. All rights reserved.